未経験者でもサーバーエンジニアになれます

世の中には経験や資格がなくても採用してもらえる仕事がありますが、それらの仕事は、特別な技能などがなくてもできるような単純な仕事である場合が多いと言えます。そのためサーバーエンジニアのような専門的な仕事は、未経験では採用されないだろうと考える人も少なくないでしょう。しかしこの分野の仕事は、いくつかの理由により、実務経験がなくても採用されることが多くあります。その理由としては、プログラミングなどのスキルの習得が意外と難しくないということや、仕事をマニュアル化しやすいため作業を進めやすい仕事であること、そして業界が人手不足の状況にあることなどが挙げられます。特に人手不足に関しては、IT業界全体で慢性的に人材が足りないという状況があるため、その分採用される可能性も高いと言えるでしょう。

この仕事の特徴と、向いている人について

そもそもサーバーエンジニアとは、インターネットなどのネットワーク上に接続された、さまざまなデータを提供するためのコンピューターを扱う仕事を指します。仕事内容としては、システムの設計や構築、そして運用や監視などが挙げられるでしょう。この仕事に向いている人としては、ITやプログラミング等に興味がある人はもちろんですが、未経験であっても、仕事を行う上で必要な資質があります。その資質としては、過酷なスケジュールの中で納品をしっかり行うための「体力がある」ということがまず挙げられます。そして、肉体的、精神的な負担があっても病気にならないようにするために「しっかりと健康管理ができる」ことや、クライアントとのやり取りをスムーズに行うために必要な「コミュニケーション能力」があることなども必要でしょう。

未経験でサーバーエンジニアになる方法

未経験でサーバーエンジニアになるための方法としては、まず「実務経験を問わない求人を探す」ということが挙げられます。企業によっては、業務を行いながら時間をかけて教育をしてくれるところもあるため、現場で経験を積みたいという人に向いていると言えるでしょう。次に挙げられる方法は、「派遣社員になって経験を積む」ということです。初めから正社員を目指すとハードルが高くなってしまいますが、派遣社員であれば経験がなくても採用されやすくなります。それに、派遣社員として働くと、正社員に応募する際にもそれが実務経験とみなされるため、採用されやすくなると言えるでしょう。また、独学で知識を身につける場合は、「基本情報技術者試験」や「応用技術者試験」などの資格を取得しておくと、就職に有利になると言えます。