固定ページ

法被の価格と注文方法

現在病院にて勤務しているのですが、今年の一月に新設でオープンしたばかりの新しい施設で、入院患者さんは250枚ほどおり、季節に合わせた行事などを企画しています。今年の夏には病院の夏祭りを企画しており、患者さんや職員が法被を着て踊りを踊ったり、夜店などを出店して地域の方々との交流を計画しています。準備として今は法被を購入することが決まり、200着ほどを購入予定です。基本的にはインターネットを見て出来るだけ安く仕上げてくれるところを検索している所です。見てみると、両面のプリント代を含めて3000円ほどで作ってくれるところが多いようで、大量に注文すると割引もしてくれて、送料も無料のために魅力的に感じます。会社名やデザインなども柔軟に対応してくれて注文してから10日ほどで届くために時間的にも早くて驚いています。200着も購入す売ると値段がかなりしますが、そのぶん丈夫で何年も使用でき会社のPRにもなるためにメリットも大きいと感じます。

法被は日本の大切な伝統衣装

法被は、古くから日本の祭りなどで着用されている、日本の伝統衣装です。祭りに法被を着ることにより、屋台やお神輿など、雰囲気作りに役に立ちます。外国の方も、祭りを目的に観光にいらっしゃる方も多く、そこで法被を見て、お土産として購入される方も多くいらっしゃいます。今では、祭り以外にも多く着用されています。家電量販店やスーパーなどの特売日に店員が着用したり、アイドルの追っかけが着用したりと、時代の変化とともに、新しい着用のされ方が生まれています。日本の伝統衣装として、着物などの高級な物とは違い、誰でも着用できる気軽さから、日本人に最もみじかな物となっています。これからもこの日本の伝統衣装は、新しい時代のニーズに合わせて、新しい着用方法が生まれていくことでしょう。伝統を守る為に、祭りでは是非着用しましょう。

法被が愛されている理由

法被は、昔から日本でお祭りなどで着用されている、日本の伝統衣装です。この伝統衣装は、他の伝統衣装より、日本中から愛されています。その理由は、着物などの高級な物とは違い、誰でもみじかに着用できることもあり、とても日本人に馴染み深いものとなっています。祭りなどで、法被がなければ、どこか雰囲気に欠けて、寂しいものになってしまいます。法被を着用することにより、祭りに色をつけて、雰囲気を盛り上げてくれます。海外からの観光客にも大人気となっていて、お土産として母国に持ち帰る方もいらっしゃいます。最近では、スーパーの特売日に店員さんが着用していたり、アイドルの追っかけ、通称オタクと言われる方も着用していたりと、時代のニーズに合わせて、柔軟な対応を見せています。これからもこの日本の伝統衣装を大切にしていかなければなりません。

弊社で在庫をしてますので すばやい発送が可能です。 無地のはっぴが 税込みで¥1,390です! 大人気の市松柄はっぴは、¥2,270税込みで販売しています。 大量仕入れで他社に負けない安価を実現してます。 昔ながらの祭りはっぴがお手頃価格です。 1枚の既製品販売から大量生産のフルオーダーまで幅広くご対応可能です。フルオーダーは綿で製作が可能です。 お祭りに欠かせない法被が充実